よくある質問

電動アシスト自転車とは?

ペダルを漕ぐとその力をセンサが検出し、踏み込む力に応じてアシストユニットの補助力(電動補助力)が働き、軽い力で走行できます。 電動アシストを「OFF」にしておくと、普通の自転車と同じように人力のみで走ることも出来ます。

アシストはどのような場面で活躍しますか?

エポヴェロは加速をより重視したアシストシステムを搭載していますので、走り出しや坂道走行はもちろん、平地でもパワフルで快適な走行を体感いただけます。

運転免許証は必要ですか?

必要ありません。
普通の自転車と同じです。自転車に乗れる方ならどなたでも、免許証なしで乗って頂けます。

ペダルを漕がなくても走りますか?

走りません。
ペダルを踏み込むとセンサが感知し、踏み込む力に応じてアシストユニットの補助力(電動補助力)が働く仕組みになっています。 ペダルを踏まないとき、逆回転させているときは電動補助力が働きません。

アシストモードは1つだけですか?

エポヴェロでは標準のノーマルモードのほか、パワーをあげて運転するターボモード、バッテリーを節約して運転するエコモードの3つのモードを用意しています。ですからご使用状況に応じて使い分けて頂けます。

3つのモードの違いは何ですか?

いずれもモードも走り始めの一番補助力を必要とする速度では踏む力と電動補助力の比は1:2です。速度が上がると電動補助力は徐々に減少し、エコモードは10kmで、ノーマルモードとターボモードは24kmで電動補助力は0になります。ターボモードではノーマルモードよりも電動補助力が強くなりますが、1充電あたりの走行距離はノーマルモードの約60%になります。

スピードが出すぎたりはしませんか?

走行速度が上がるにつれ、ペダルを踏む力に対する電動補助力の比率が減少していき、ノーマルモード、およびターボモードの場合は24km/h以上、エコモードの場合は10km/h以上では電動補助力が0になります。
そのため、電動補助力が原因で早くなりすぎることはありません。

充電の方法は?

バッテリーロックキーをユニットのキー穴に差し込むとバッテリーが外せます。
付属の充電器のプラグをコンセントに差し込めば、ご家庭のコンセントで充電できます。
自転車にバッテリーをつけたまま、充電器のプラグを差し込んでも充電できます。

1回の充電でどれくらい走れるの?

満充電後、バッテリーの残量が0になるまでのノーマルモードでの一般路走行時で約20kmです。この走行距離はバッテリー新品、気温25℃、車載重量60kg、乾燥路面、無風状態で走行したときの当社のデータです。走行距離は道路状況、気温、走り方により異なります。

盗難が心配なのですが・・・

エポヴェロは万が一のアクシデントに備えて、1年間の盗難傷害保険(ご購入金額の50%補償)、防犯登録料、ワイヤーキーを標準設定しております。これらの費用は車両価格に含まれています。

防犯登録とは?

主に自転車の盗難防止を目的として、自転車の利用者に対して行う自転車の登録、そしてその登録に関わるシステムです。法的根拠をもつ登録制度であり、利用者には登録が義務付けられています。納車時にスタッフが手続きをさせて頂きます。

どこで購入できますか?

愛知県半田市の直営工場、もしくは愛知県名古屋市、東京都代官山にございます代理店にてお買い求め頂けます。代理店情報は「shop info(店舗情報)」をご覧ください。それ以外のご購入方法を希望される場合は電話、メールでお問い合わせください。

試乗はできますか?

試乗して頂けます。愛知県半田市の直営工場、もしくは愛知県名古屋市、東京都代官山にございます代理店にてご試乗頂けます。
また定期的にエポヴェロ、エポカルゴの体験走行会やサイクリングツアーなど開催しております。
走行会情報は『What's New』イベント欄をご覧ください。
ご不明な点などございましたらお問い合わせください。

エポヴェロって?

人の感性を刺激するデザインと長年にわたりつちかわれた職人の板金技術の融合が可能にしたフレームや自転車本来の走りを実現する高性能・高級部品を搭載し、日本国内で丁寧につくり上げた新しいタイプの電動アシスト自転車です。

よくある質問